【ヘアカラー】1000円以下ですぐできるインナーカラーのおすすめのやり方

どうも、セルフでインナーカラーをするのが趣味のばっしーです。

髪を染めたいけどいきなり全部染めるのは恥ずかしい!さりげなくおしゃれしたい!ヘアカラーをお試しでやってみたい!
という人のために1000円以下で、自宅ですぐにできるインナーカラーのやり方を紹介します。

長期休みの間だけ、イメチェンしたいという方にも非常にオススメです!!
黒染めも紹介するので1日だけヘアカラー♪や土日だけおしゃれしたいからヘアカラー♪なんてのも手軽に簡単にできます!!
バイトや会社、学校でヘアカラーが禁止されてるけど楽しみたい方にぜひ。

今回メインでおすすめするカラーバターはトリートメントなので髪を傷めることがないのも嬉しいポイントです。
最後に黒染めカラー剤も紹介するので失敗したときや少しの期間だけカラーしたい人も大丈夫です。

インナーカラーって?

まずインナーカラーとは から始まる人が多いと思います。
インナーカラーとは、髪の内側を染めたり部分的に髪を染めるときにこの言い方を使います。

 

この投稿をInstagramで見る

 

希子✂︎アディクシーカラー/デザインカラー/ハイライト(@kiiiiiiiiikoo)がシェアした投稿

この方は毛先だけを染めていますね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ATORIE(@hair_salon_atorie)がシェアした投稿

これはインナーカラーの名前のとおり内側の髪の毛を染めています。
ちらっとカラーした髪がみえたり、見せたい時に耳に髪をかけてみせることができます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

サト(@r_5.10_n)がシェアした投稿

一気に髪全体を染めるのは勇気がいるし、派手な色はやりづらいですよね。
インナーカラーならさりげなくみせるので派手な色に染めやすいです。

前髪を部分的に染めたり、耳元や毛先を染めたり。
インナーカラーといっても内側を染める以外の染め方もインナーカラーといいます。

インナーカラーは目立ちたくない方でもさりげなくおしゃれをアピールすることができます。また派手なヘアカラーをする人自体少ないので個性を出しやすいです。

髪を耳元にかけたり、髪のセットを変えることで印象を手軽に変えれるのもインナーカラーの良さ。女性の写真だけ紹介しましたが、男性にもおすすめでやっている方をよくSNSでみます。

インナーカラーのやり方

ではインナーカラーのやり方を説明していきます。まず準備するものから。

インナーカラーに必要なもの

  • 汚れてもいい服
  • ブリーチ剤
  • カラー剤(カラーバター)
  • サランラップ
  • ドライヤー
  • ヘアピン
  • ゴム手袋
  • セロハンテープ
汚れてもいい服

ブリーチ剤は脱色剤なので服につけば色が変わってしまいます。カラーバターがつけば服に色がついてしまいとれないでしょう。
なので絶対にいらない服を着てやりましょう。

ちなみに私は裸でやりました笑

ブリーチ剤

※ブリーチをすると髪が傷みますがこれはやるべきです。

ブリーチ剤はまずカラーの前に髪の色を脱色するためのものです。黒髪の上からでもカラーバターを塗ればいけるという人がいますが、私はそれで失敗しました。
黒は他の色に染まりにくいようにまず脱色が大事です。

ブリーチ剤はドンキホーテか薬局で買うのがおすすめです。
たまにドンキホーテで非常に安い値段で売られています。

私のおすすめは
フレッシュライト メガメガブリーチかビューティーンベースアップブリーチの二択です。

どちらを選んでも間違いありません。脱色は同レベルでダメージが入ったあとのアフターケアオイルやトリートメントが入っているのは髪に優しいです。
どちらかひとつといえばメガメガブリーチをおすすめします。

どちらも手袋が付属しているので別でゴム手袋を買う必要がありません。

色を確実に綺麗に染めたい方はブリーチ剤を二つ買うなどして2回ブリーチしたほうがいいです。髪のダメージは当然入ってしまいますが一回だと茶色に近い金になることがあります。
ダメージが気になる方や予算を抑えたい方はまずブリーチ一回で挑戦してみてもいいと思います。

カラー剤(カラーバター)

カラー剤はエンシェールズのカラーバターを使います。
カラーバターとはトリートメントであるつつ髪を染めることができるので髪を傷めません。逆にブリーチ後の髪を保護する役割があります。

カラーバターは一般的なカラー剤(泡やクリーム)と比べて色落ちが早いです。
ですが保存が効くので余っても次にとっておくことができます。
また一般的なカラー剤は髪を傷めますが、カラーバターは髪を傷めません。しかもカラフルな色に染めやすいです。

薬局には置いてないことが当たり前でドンキホーテか通販で購入します。

私がおすすめするのはプチサイズです。
ドンキホーテだと300円ちょっと+税で売られていた気がします。

購入は安く済むドンキホーテがおすすめですが、近くになければメルカリやラクマで「エンシェールズ カラーバター」で検索をかけ、プチサイズの出品や少量売りを探すのがおすすめです。

通常サイズにあるカラーがプチサイズだとない場合があります。そんなときはラクマでカラーバターの少量売りをしている人がいるので、そこでカラーを指定して購入します。

カラーバター カラー一覧

カラーバター 髪色別発色見本

似たような安い小分けのカラーバターがありますが持続時間に注意してください!
安いですが一日だけしか持たないようなものが多く、エンシェールズのカラーバターを買うようにしましょう。
一日だけ髪を染めたいという方も絶対にエンシェールズのほうがいいです。

予算に余裕がある方は大きいサイズを

染める範囲が広い方は当然小さいサイズじゃ足りません。
お試しで染めるためにも最初は小さいサイズで大丈夫だと思いますが。

こちらは大きいサイズしかありませんが派手な発色が得意です。
青色に染めたい方はこっちのほうが失敗しにくいと思います。
ドンキにいけばマニックパニックもエンシェールズもどちらもあります。

サランラップ

ブリーチやカラーバターを塗ったあとに乾燥しないように、よく薬剤が浸透するように髪を包むために使います。
あったほうが絶対いいです。

ドライヤー

サランラップで包んだ髪をほどよくドライヤーであっためると薬剤が効きやすくなるみたいです。

実際そうなのか染めてみてもわかりませんでしたがあったほうがいいかも。

ヘアピン

毛先を染めるなら必要ありませんが、髪の内側を染めるときはまず外側の髪を持ち上げてピンでとめてから染めるので使います。

髪の内側を染めたい人は必須です。

ゴム手袋

ブリーチ剤を素手で触ることはよろしくありません。
カラー剤は手に色がつくので手袋をしていたほうがいいです。

わざわざカラー1回のために別で用意しなくてもブリーチ剤を買ったらついてくるのでそれを使います。
なかったら100均で用意しましょう。

セロハンテープ

これはヘアカラーのサイトをみても書いてあるサイトがまずないと思います。

私がセルフカラーをして失敗した経験ですが、眉毛にブリーチがついて金髪の眉毛になってしまいました笑
金髪の眉毛は遠目からみると眉毛なしにみえてブサイクですw

眉毛を間違って脱色したくない方は眉毛をガードするテープがあったほうがいいです。
別にテープがなくてもブリーチが眉毛に当たらないように気をつければ大丈夫ですが、心配な方は用意しといたほうがいいです。

 

さっそく染めてみよう!

手順

黒髪からインナーカラー成功まで長くて6時間かからないと思います。
私は黒髪からゆっくりやって3時間ぐらい
休日など時間に余裕があるときにおすすめです。

時間がかかるのは最初だけで、一回色を抜いてしまえば一時間程で色をチェンジできます。

手順1 染めたいイメージの髪を決めよう

髪を染め始める前に完成後のイメージを決めてからやったほうがいいです。

ブリーチ剤は髪にダメージが入るので染めながらどのような髪にするか調べていると髪を傷めすぎてしまう可能性があります。

おすすめは「インナーカラー 女」「インナーカラー 男」をネットで調べておしゃれに染めてる人の画像を探すこと。

YouTubeやインスタで調べると意外にGoogle検索で出てこなかったおしゃれな染め方や色に出会えるのでおすすめです。
YouTubeでは光の当たり具合で髪色の違いを比較できるので参考になります。

おしゃれな髪色で検索して髪色を決めてもいいですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

KENTアメ村#ユニコーンカラー#ラベンダーカラー(@kent.bash)がシェアした投稿

髪色や染め方を迷っている方がいれば気軽に相談してください!コメントでも大丈夫ですがTwitterのほうが確実に反応できます。

青髪や白髪は難易度が高いので失敗したくない方は専門の方にお願いしましょう。青髪ヘアカラーははじめてならほぼ確実に失敗して深緑の髪色になります。
これはあなたが下手とかではなく青色が非常に難しい色で色持ちも不安定な色なので仕方ないです。

手順2 髪を脱色してみよう

まずブリーチで髪を脱色していきます。
茶髪から色を入れる人がいますが脱色してからの方が断然おすすめです。

とりあえず汚れてもいい服か裸に着替えて、洗面台かお風呂場に移動します。

次にブリーチを作ります。
ブリーチ剤を開け中に入ってる手袋をします。
箱や説明書に書いてあるとおり作りましょう。

ブリーチ剤を作り終わったら、髪の内側を染める人はピンで髪をとめていきます。
毛先だけ染める人は別にピンでとめる必要はありません。

染めたい部分だけをしっかり分けることができたら、ようやく脱色していきます。
脱色したくない髪に薬剤がつかないように注意しましょう。

この時に髪を濡らして置くことがおすすめです。びしょびしょではなく湿っているぐらい。こうすることでムラなく脱色しやすくなります。

薬剤がしっかり染み込むように髪の表面だけでなく内側も染めて、揉み込んでいきます。

ブリーチの放置時間は15分から20分!!(タイマーをセットしておきましょう)
時間をかけるほど色が抜けていきますが時間をかけすぎてもダメージが入るだけで色が抜けることはありません。それなら髪を二回ブリーチするべきです。
二回ブリーチのやり方は少しあとに書きます。

カラーバターも同じ手袋を使う人は捨てないで!

ブリーチを塗り終わったらその髪をラップで包んでいきます。

ブリーチ剤を塗った髪をラップで包み終わったらドライヤーの温風で髪を温めていきます。全体を均一に5分ぐらい! 均一に温めることがポイントです。

時間がきたら洗い流していきます。
シャンプーしても大丈夫です。

ブリーチ材に付属してくるダメージケア剤はこのあとすぐにカラーバターを塗るならなくてもいいと思います。

洗い流し終わったら一旦髪を全て乾かします。

二回ブリーチをする人は髪を洗い乾かしたあとに今までの動作を繰り返してもう一度ブリーチします。一回一回洗い流すのはめんどくさいですが必要なことです。

手順3 カラーバターを塗っていく

最後の段階です。
この時も汚れていい服か裸でやります。

ブリーチをしたときと同じように染めたい部分の髪の毛を分けていきます。
髪の内側を染める人は髪をピンでとめていきます。

手袋をつけます。

カラーバターを少しずつ手に取って髪に揉み込んでいきます。
内側も揉み込むことができたらラップで包みます。

使い終わったカラーバターが余っていたら次も使えるようにサランラップで包んだり真空パックに入れて保存しておくのがおすすめです。

染めた髪をラップで包み終わったら5分ほど温風で温めましょう。
ドライヤーがなかったらなくてもいいです。
個人的に効果があるのかよくわかっていません。

カラーバターは髪を守る成分がほとんどなのでブリーチしたあとの髪には色を入れつつ守る役割があります。90パーセント以上の成分がトリートメント。

15分から20分放置します。ブリーチと違って放置していても髪にダメージが入ることがないため私は気持ち30分以上40分ぐらい放置していることがおおいです。
時間を長くしすぎてても変わらないので20分ぐらい置いたら大丈夫だと思います。
心配なら30分ぐらい。タイマーをセットしておくといいです。

時間が経つと洗い流していきます。
シャンプーやトリートメントはなしで水洗いで。
洗い終わったら乾かして完成です。

黒髪に染める方法

元に戻したかったり、失敗したときでもすぐに黒髪に戻せるので安心です。
明日から休みが終わるなんてことでもすぐに黒髪に戻せます。

おすすめの黒染めカラー剤はフレッシュライトのナチュラルブラックかクールブラックです。

ナチュラルブラックは艶がある髪に、クールブラックは光を反射しにくい髪に仕上がると思います。

使い方はブリーチと同じように作って髪に塗って洗い流すだけ。

染めるときは絶対に新聞紙などを下にひきましょう!!

黒髪のカラー剤はブリーチと違って洗面台などに落ちると色がしっかり入ることが分かりました!全く取れないのでこれだけは気をつけてください!!
どこのサイトにも書いてませんが要注意です。

金髪や赤い髪でも綺麗に染まりました。

クールブラックで染めてみましたがいい感じです♪

まとめ

 

いかがだったでしょうか。
ブリーチで500円ぐらい、カラー剤で400円もしないので手軽にありえないほど安くできます。学生や予算がない方、初挑戦でも手軽にできますね♪

インナーカラーに興味をもっていただけましたか?
綺麗に染めることができましたか?

セルフカラーは値段を抑えられる上に何色になるか楽しみなところが面白いです。
ブリーチさえしてしまえば二週間ごとにころころ色を変えたり1時間でさっと髪色を変えることができます。

インナーカラーはさりげないおしゃれなのでどんな人にでも向いていると思います!!

部分的にさっと染めるだけなので土日だけ髪を染めてまた黒髪に戻すなんてのもお手軽にできます♪
気分転換やちょっとだけおしゃれしたいなんてのも簡単にできます。

気に入ったらヘアカラー続けてみてもいいですし、いろいろなカラーを試して自分にあうカラーを見つけるのも楽しいですね♪

相談したいことがあれば気軽にコメントしてください。気になることがあればそれも記事にしようとおもうのでぜひ言ってください。
Twitterのほうが確実に反応できます。

カラーしてみました!って報告や綺麗に染めれました!って報告あると嬉しいです。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

最新情報をチェックしよう!
>トップ

トップ

ブログの知識ゼロからはじめた大学生が趣味の釣りを中心になんでも日々の出来事を発信します! 気になった方はブックマークやアカウントのフォローお願いします(>人<;) 励ましになるのでブログを書いているって方もぜひフォローして欲しいです。

CTR IMG