【バス釣り】4月の琵琶湖を攻略!ドライブビーバーのフリーリグ

どうも、4月の琵琶湖に苦戦しているばっしーです。

今ままでカバースキャットで反応していたバスが全く反応しなくなりました。
ほとんどタイミングを合わせたまぐれフィッシュでしたが、ようやく安定して食わせる方法が分かりました。

今回はそんなドライブビーバーのフリーリグを紹介します。

4月の琵琶湖

今の琵琶湖は小バスがまだ動き出していないものの40代ばかりうようよしていています。
産卵を意識していて目に見える範囲にはついていないものの、シャロー付近のハードボトムにはしっかりオスがついています。

食性で食うというよりは邪魔者を排除するような食い方が多くてアタリが激しかったり、ついばむようなアタリで合わせてもフッキングしないことが多いと思います。
また反応するのはオスばかりでメスがほとんど反応しなくなってきました。

4月の琵琶湖にはこれ!!

最近調子がいいのはドライブビーバー3.5のフリーリグです。

私が思うに底をズル引きできるコンパクトなものならなんでもいいと思っています。
テキサスでもゼロダンでも。
私はフォールでも食わせたいのと、おしゃれにみえるという理由でフリーリグです。

ボートなら5gや7gが定番ですが私はオカッパリなので遠投を重視した14g。
シンカーはリングドイースターのものを使っています。
デルタ形状なので岩の上を転がって隙間に入らないようにしています。

シンカーの形状はできればすり抜けしやすく転がりにくい形状を選んだほうがいいです。
リングドイースターはシンカーの存在がある程度大きいのに食いがいいから愛用しています。

フックはTNSオフセットの1/0か2/0。おすすめは1/0。

正直フックは信頼しているメーカーならどれでもいいと思っています。

具が非常に大事。

ドライブビーバーの3.5インチ。ボリュームが欲しければ4インチ。
カラーまで言うならクリアでも濁ってても「ゴーストシュリンプ」。

具は意外と何でもいいのかもしれませんがドライブビーバー、特にエビ系ワームに当たる気がします。

 

さらに大事なことがシンカーとフックの間にペグ止めかゴム管を切ったやつは絶対つけましょう。
私は安いのでウキを止めるゴム管を小さく切って使っています。
結び目を保護するというよりはシンカーがワームにあたってずれることを防ぎます。

こんな感じ

非常にシンプルで一回結ぶだけで作れます。
ペグ止めなしでもできますがあったほうがいいです。

フリーリグって?

フリーリグは名前の通りシンカーが自由に動くので、フリーフォールした時にシンカーが先に落ちて後でワームがノーシンカーで落ちるので自然に食わすことができます。
またシンカーが固定されてないのでなんの違和感もなくバスが持っていきます笑

イメージとしてはキャロをシンプルにしたものです。
一回しか結ぶ必要がなくて投げやすいのでシンプルです。

韓国発祥といわれていて韓国では使っているユーザーが多いです。

ドライブビーバー3.5フリーリグのアクション

まずキャストしたらラインを手で引っ張って出してしっかりフリーフォール。
シンカーが着底しても最低5秒はラインを張らずに待ちます。
フリーリグはフォールで食ってくることがあるので、フリーフォールは徹底です。

しばらくしたら徐々にラインを張っていく。
このとき丁寧かつはやめにラインを張るとシンカーに向かってワームがスライドするので、リアクションで食わせることができます。

ラインを張ったら「ズ、ズ、ズ、ズ」という感じで細かくロッドを立てながらズル引きします。
この時ラインスラッグを張ったり緩めたりを非常に小さい幅でやりながらズル引きするのがポイントです。
見た目はシェイクしながらのズル引きに近いです。
ラインを細かく連続で張ったり緩めたりしてるので水中ではワームが爪を上下に揺らしているイメージ。

餌は目立つようにばたばた動かないので、ズル引きにちかいですけどただのズル引きではないです。
実際にやってみると感覚がつかめると思います。
ラインを張ったり緩めたりで激しくズル引きをしてみても食ってきたので大雑把なアクションで良さそうです。

フリーリグのフッキング

フリーリグは私の中ではフッキングが難しい部類に入ると思っています。
ラインに重みが乗って合わせているようで、間にシンカーがあるのでラインが一直線になっていない可能性が高いです。
そのため合わせるときは気持ち多めに送ってしっかり巻合わせして思いっきりフッキングする必要があります。

このフリーリグは結果がでるまで早いですがフッキングの成功率が低めです。
フリーリグの欠点はフッキングの悪さ。

フリーリグで狙うポイント

泥や砂の上でも食ってくるとは思いますが、私が使用するのはハードボトムです。
石が沈んでいる場所で使います。

石に当たる場所でバイトが多いイメージです。
フリーリグは根がかりしにくいリグなのでがんがんハードボトムを攻めていけます。
14gはけっこう大きいので根がかりがひどい場所は重さを下げるのがおすすめです。

まとめ

今回はフリーリグを紹介しましたが3月~4月はズル引きや底でヘコヘコしたアクションに反応がいいように思います。

今回はドライブビーバーのフリーリグですが、リーフシュリンプのヘコリグや、ギルフラットのフリーリグも同じように効きそうです。

バイト数が減りやすい時期ですが頑張りましょう。

最新情報をチェックしよう!
>トップ

トップ

ブログの知識ゼロからはじめた大学生が趣味の釣りを中心になんでも日々の出来事を発信します! 気になった方はブックマークやアカウントのフォローお願いします(>人<;) 励ましになるのでブログを書いているって方もぜひフォローして欲しいです。

CTR IMG