【バス釣り】イモリッパー95におすすめのフックやカラー、アクション

どうもカバースキャット大好きなばっしーです。
イモリッパーはカバースキャットの代用として私は愛用しています。

今回はイモリッパー95におすすめのフックやおすすめのカラーを紹介します。
またおすすのアクションやカバースキャットとの使い分けも紹介します。

イモリッパー95って?

イモリッパー95はジークラックというメーカーから出ている高比重ワームです。

重さは14gもあり基本ノーシンカーで使います。
14gもありシンプルな形状なので非常によく飛びます。

イモリッパーにおすすめのフック

イモリッパー95はけっこう分厚いのでフックは最低でも5/0。
マルチオフセットの5/0か6/0がおすすめです。

私が使っているのはマルチオフセットの6/0です。
非常に大きいように感じますが、すっぽ抜けしやすいワームなので大きめのフックを選んでいます。

マルチオフセットの6/0を使うともともとイモリッパー95についているスリットでは針が収まらないので、フッキング率向上のためハサミやカッターでスリットを延長しています。
マルチオフセット6/0を使われる際はスリットを延長するのがおすすめです。

イモリッパーにおすすめのカラー

特におすすめするのが「グリーンパンプキン」と「ゴーストギル」です。
どのカラーでも釣れているみたいですが迷ったらこの二色です。

一番は自分が信用できるカラーを使うことです。
他におすすめするなら「グリパン・ブルーF」「ウォーターメロン・ブルー」などどのワームでも共通して釣れるカラーです。

イモリッパーのアクション

おすすめは2ジャークからの5秒ステイです。
カバースキャットと全く同じ使い方です。

2ジャークからの5秒ステイがダメならズル引きで障害物に当たるとステイorほぐすように乗り越えるor2・3回ジャーク。

私は9割2ジャークからの5秒ステイです。

公式の動画(使い方)では連続でジャークを繰り返していますが、活性が高くないと食ってこないと思うので私は2回ジャークで使っています。
活性が低いやつも釣るなら2ジャークで抑えたほうがいいという考えです。

カバースキャットとの使い分け

基本引っかかってロストしそうなとこにイモリッパー95を入れます。
カバースキャットは貴重でロストするわけにはいかないので。

またカバースキャットで反応がないときやカバースキャットでは食っても持っていかない時にイモリッパーを使います。
ルアーを変えることで反応があるかもしれないのと、イモリッパーのSAFマテリアルはバイトが深くなると私は思っています。

まとめ

イモリッパー95に関するあれこれを紹介しました。
イモリッパーはSAFマテリアルが一番の魅力だと思っています。
実際の効果はどうなのかわかりませんが、あの匂いは釣れる気にさせてくれます。
機会があればぜひイモリッパーの匂いを嗅いでみてください。

イモリッパーに関してわからないことがあれば気軽に聞いてください。

最新情報をチェックしよう!
>トップ

トップ

ブログの知識ゼロからはじめた大学生が趣味の釣りを中心になんでも日々の出来事を発信します! 気になった方はブックマークやアカウントのフォローお願いします(>人<;) 励ましになるのでブログを書いているって方もぜひフォローして欲しいです。

CTR IMG